スキルアップ犬の生活
ホーム > 太陽光 > 太陽光発電ビジネスの岐路。

太陽光発電ビジネスの岐路。

東日本大震災による原発事故に伴い、再生可能エネルギーの普及が国の政策となりました。それに伴い、太陽光発電を始めとするいわゆるグリーンエネルギーの固定価格買い取り制度も法制化されました。こうして一時はまさにバブルといった勢いであちこちで事業認定がなされたわけですが、法制化から5年が経ち、特に太陽光発電は固定価格も大幅に引き下げられたため、これから新規参入しようと言う事業者はほとんどいないと思われます。一方で、すでに認定を受けた太陽光発電所も続々と建設が進み稼働し始めています。つまるところ、これからは建設よりは長期運用の時代に移行したといってもいいでしょう。もちろん個人宅で設置する場合は、太陽電池パネルの価格が大幅に下落してきましたから低コストで取り付けることができ、その点ではむしろお買い得になったといえます。もちろん、パネルやメーカーによって性能にかなりが差があると言うのは常識として知っておいた方が良いかもしれませんが。

住環境システムサービスの口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?